日本アフリカ学会 -Japan Association For African Studies- 日本アフリカ学会 -Japan Association For African Studies-
english home
学会案内 学術大会 学術雑誌(アフリカ研究) 支部活動 研究会情報 論文著書 研究奨励賞 リンク
トップ>

■UNDP公開シンポジウム: TICAD Vに向けて「アフリカ開発の課題と可能性」

国連開発計画(UNDP)では、来年6月に横浜市で開催される第5回アフリカ開発会議(TICAD V)までちょうど1年となるのを受けて、アフリカをテーマとした公開シンポジウム「TICAD Vに向けて〜アフリカ開発の課題と可能性〜」を開催することになりました。

このイベントでは5月15日に初めて刊行された、UNDPのアフリカ人間開発報告書2012の概要についてご紹介するとともに、政府、民間セクター、市民社会、アフリカ外交団と国連機関の各界関係者の参加を得て、アフリカ開発における日本の役割についてパネルディスカッションを行います。
TICADに関わる機関がそろうイベントです。ぜひ皆様お誘い合せのうえ、ご参加くださいますようお願い致します。

                           記

日 時:2012年6月13日14:00-16:30
会 場:JICA研究所 (東京都新宿区市谷本村町10-5)
    地 図 (http://jica-ri.jica.go.jp/ja/about/access.html
後 援:外務省、国際協力機構(JICA) (*外務省は申請中)



プログラム(案):

14:00 開会挨拶  (弓削昭子UNDP駐日代表・総裁特別顧問)

14:05  第1部 アフリカ人間開発報告書からみるアフリカの今
アフリカ人間開発報告書の概要(ペドロ・コンセイソンUNDPアフリカ局チーフエコノミスト)
TICAD主催者からのコメント  (草賀純男 外務省アフリカ審議官)
TICAD共催者からのコメント  (谷口和繁 世界銀行駐日特別代表)

15:00 第2部 パネルディスカッション「TICAD Vの課題と日本の役割」
モデレーター:道傳愛子 NHK解説委員
パネリスト: スチュアート・コンバーバッハ駐日ジンバブエ大使・在京アフリカ外交団長
乾英二 JICAアフリカ部長
堀田隆之 パナソニック株式会社渉外本部国際渉外グループ参事
舩田クラーセンさやか 東京外国語大学大学院総合国際学研究院 准教授
ラミン・マネウ 駐コンゴ共和国国連常駐調整官・UNDP常駐代表

コメンテーター:ペドロ・コンセイソンUNDPアフリカ局チーフエコノミスト

16:25 閉会挨拶  (細野昭雄JICA研究所所長)

16:30 閉会

申し込み:  UNDPのイベント専用登録サイト(http://www.undp.or.jp/symposium/index.php?id=11)よりお申し込みいただくか、お名前・ご所属・連絡先を明記の上、メール(event.japan(at)undp.org)またはFAX(03-5467-4753)にてお申し込みください。※(at)は@に変更ください

copyright (C) 2006 Japan Association African Sutudies All Rights Reserved.