日本アフリカ学会 -Japan Association For African Studies- 日本アフリカ学会 -Japan Association For African Studies-
english home
学会案内 学術大会 学術雑誌(アフリカ研究) 支部活動 研究会情報 論文著書 研究奨励賞 リンク
トップ>

公開シンポジウム 「21世紀の政治と暴力―中東、アフリカ、アジア、中南米の事例から」

日時 2014年10月19日(日)午後2時〜午後5時半 (開場 午後1時半)
会場 東京大学本郷キャンパス 山上会館2階 大会議室

≪プログラム≫
趣旨説明 大串和雄(東京大学)
第1部 アイデンティティと武力紛争
14:10〜14:40 酒井啓子(千葉大学)
「イラクにおける宗派意識の政治化過程の国内要因と国外要因」
14:40〜15:10 武内進一(アジア経済研究所)
「アフリカの紛争に見る変化と継続――マリ、中央アフリカの事例から考える」

第2部 グローバル化と組織犯罪
15:10〜15:40本名純(立命館大学)
「越境組織犯罪の脱安全保障化に向けて――東南アジアの人身取引対策にみる国家と市民社会のせめぎあい」
15:40〜16:10狐崎知己(専修大学)
「中米における暴力と市民の安全保障のジレンマ」

第3部 コメントと討議
16:30〜16:50コメント 藤原帰一(東京大学)
16:50〜17:20 質疑応答
17:20〜17:30 閉会の辞

問い合わせ先 狐崎知己 メールアドレス 2014globalv[at]gmail.com
※[at]は@に変更してください。

*事前予約は必要ありませんが、定員(90席)に達した場合には入場できないことがあります。  

copyright (C) 2006 Japan Association African Sutudies All Rights Reserved.