関東支部:2021年度 第1回例会

タイトル:「東京アフリカ言語学研究会」2021年度第2回研究会

プログラム:
1. 河内一博 (慶應義塾大学)「因果関係の通言語的実験研究による言語の類似点と相違点へのアプローチ:言語使用におけるアイコニシティの問題と動作主的エンコーディングの問題」

2. 品川大輔 (東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所)「バントゥ諸語における情報構造表示の類型とそれらに連動するいくつかのパラメターについての検討」

日時:2021年5月21日(金) 18:00~
場所:オンラインによる開催

使用言語:日本語
参加費:無料

事前申込:必要。定員なし。申込〆切2021年5月20日(木)。
登録方法:下記のリンクから参加登録してください
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfZVzX108TVlKnjnMQN2R1jBCtLdydyzsBPi44_S2GV2iKg6Q/viewform?vc=0&c=0&w=1&flr=0&gxids=7628

お問合せ:東京外国語大学語学研究所 ilr419[at]tufs.ac.jp (送信の際には[a]を@に変更してください)

主催:東京アフリカ言語学研究会(TALK, Tokyo African Linguistics Knot)

共催:東京外国語大学語学研究所,アジア・アフリカ言語文化研究所基幹研究「多言語・多文化共生に向けた循環型の言語研究体制の構築(LingDy3)」

Webサイト:http://www.tufs.ac.jp/common/fs/ilr/ (日本語)